reponの日記 ないわ〜 404 NotFound(暫定)

はてなダイアリーより移行しました

子どもに作文をさせるのはなぜなんですか?

僕は非常に苦手でした。


同級生が「子どもっぽい」作文を出しているのを見ると、吐き気がしました。

「ジャリどもが!」と腹の中で罵っていました。「よくもまぁ、こんな恥ずかしい文章を晒せるな」と。

小学生くらいからすでに僕は「中二病」だったらしいです。

「自分の好きなことを書きなさい」などといわれて、そんなこと書けるかっつーの!と思っていました。


今ならわかるんですが、同級生は「大人たちが喜ぶであろう『子どもっぽい』作文」を書いていたんですね。

自分がそのことに気づくまで結構かかりました。

子どもが「子どもっぽい」わけがありませんから。

同級生は、そうやって大人たちの言外の要求に応えていたんですな。

僕がアホだったわけです。


でもほんとうに、子どもに作文を書かせる意味って、そういう大人の自己満足を子どもが満たすため、なんですかね?

そうでなければ、子どもが「内面」を作り出すためのツールを子どもたちに与えないと、「教育」にはならないと思うんです。


算数や理科は、答えにたどり着くまでのツールがたくさん用意されているのに、国語、特に作文では、論理力や表現力を作るツールが全然与えられないんですね。

それで、子どもに自発的に「書け」って言ったって書けない子は書けないですよ(僕のことですが)。


質問君です。


どうして、「好きなことを書く作文」なんてさせるんですか?


おしえて、エライ人!!