「選ばれた?誰に?何に?」

「君たちは決して呪いから出ることはできない。僕がそうであるように、箱の中の君たちが何かを得ることなどない。この世界に何も残さず、ただ消えるんだ。塵一つ残せないのさ。君たちは絶対に幸せになんかなれない」

フリーのサービスの「責任」

「責任」とは、ものごとがおきたあとで、遡及的に、社会的ネットワークの中で「責任を取るべき位置」が決められ、たまたまそこにいた人が「取る」もので、予め決めることはほとんどできない。というより、社会における個人とは全てそのようなもの。

「場」が変わると、それまで存在しなかった、もしくは問題にされなかった「責任」を追求されることがある。


で、本題。


フリーのサービスを提供すると、割と文句を言われる。「責任を取れ」と言われる。

なんでそんなこというのかな、と。お金とっているわけでもないのに、と。それを説明しても、ユーザーによく理解してもらえないことがある。

わりとね。こういうブログとか、草の根SNSとか、個人放送のラジオとかね。(あとついったーとかTwitterとかツイッターとか。よくわからないけど、ニコ動とかニコ生とかも?)


フリーのサービスは、実際には対価がどこかで発生している。

それがいままでは開発者のスキルアップや自己満足だった。


しかし、

で書かれているように、「フリー」をひとつの魅力にしてビジネスが展開されるようになると、ユーザーの側も、「フリー」サービスの企業に、「金を払ってサービスを買って、その代わりに責任をとってもらう」という姿勢を求めるようになる。

企業の側も、それを受け入れる。


そうすると、それまで「シェア文化」の共有が前提だったフリーの文化が、ユーザーと製作者で共有されなくなる。

そういう前提のもとに、個人の開発者や提供者に「責任を取れ」との言葉が来る。


製作者の側が「シェア文化」の中にいるつもりで公開したら、「責任を取れ」と言われたでござるの巻。


対応

  • 無視
  • 公開停止
  • 対話


対話にかけたいものだ